温めるべきか、冷やすべきか

JUGEMテーマ:健康

 

腰痛肩こり、あるい筋肉の痛みなどの諸症状にたいする対処法として、基本的には温めるか冷やすか、

どちらかしかありません。

 

急性の場合には冷やす、慢性の場合には温めてみる、これが一般論です。

 

具体的には

温めるグループ:入浴、ホッカイロ、湯たんぽ、内服薬だと葛根湯あたりでしょうか。

マッサージも広義の意味では温めるグループに入ります。

 

冷やすグループ:アイスノンなど氷嚢、鎮痛消炎作用のあるシップ、あるいは塗り薬

 

例外:温シップ 成分に血行促進作用があるトウガラシエキスと、解熱作用があるサリチル酸グリコールが含まれている。

いわばブレーキとアクセルと同時に踏むようなもので、これって効果あるのか?個人的には疑問です。

 

実際に運用するとして、どのケースで温めるか、どの場合に冷やすか、これは悩ましい問題です。

例えば昨日捻挫して足首が痛い、それならば、冷やした方が良くなる確率が高いです。

今の鎮痛消炎剤は高性能ですから、外傷性の痛みに対する効果はかなりのものです。

 

肩こりや腰痛に対しては特に対処が難しいのですが、ご自身の太ももやお尻、お腹などを触ってみて、

冷えている場合はないでしょうか?その場合、冷えてる部位を温める事で、腰痛・肩こりの緩和の可能性が

ありますし、体型的にも下肢痩せできる可能性があります。むくみの除去にも効果が期待できます。

ただし、身体に痛みが出た場合にはすぐに使用をやめて下さい。相性やタイミングの問題で、

温熱が必ずしも適切でない場合があります。

 

また上記で紹介した消炎・解熱の医薬品に関しても、購入時にはかならず薬局の人に相談してから

使用する事。これは絶対です。体質によっては合わないケースもありますし、

使用にあたっては慎重な判断が求められます。