電子マネーとクレジットカードで賢く節約術

JUGEMテーマ:クレジットカード

 

3月から当院でも電子マネーの取り扱いを開始しました。

対象はSuica、PASMOなどの交通系電子マネーとなります。

 

リクルートのAirペイというサービスを導入したのですが、

交通系電子マネーだけでなく、「iD」[QUICPay」も四月以降に利用可能になるので、

アップルペイにも対応可能となります。

 

クレジットカードに関しては従来通りお取扱い可能です。

対応ブランドは「VISA]「Master」「JCB」「AMEX」「ダイナースクラブ」「DISCOVER」

となっております。

ただしお支払回数は「一括払い」のみとなっておりますので、ご了承下さい。

 

整体やマッサージに限らず小規模店、個人経営のお店だと、

クレジット決済を嫌がるお店もあるみたいですが、

うちの考え方としてはどんどん使ってもらえればと考えております。

店舗側が負担する決済手数料は微々たるものですし、利便性を上げる事で、

お客様の来店頻度が上がる方が大事と考えます。

 

私自身も買い物の時にはほとんど現金は使いません。クレカか電子マネー中心です。

私の場合はヤフーカードと楽天カードがメインですが、どのクレカがお得かという点は、

その人のライフスタイルによって変わってきます。

 

当院以外にも美容室や飲食店などホットペッパーのネット予約を頻繁に使う人であれば、

リクルートカードがお勧めです。

 

 

通常の買い物や光熱費、通信費などの支払いで1.2%のリクルートポイントが付きます。

当院をご利用の場合、ネット予約でホットペッパーから付与される2%のPontaポイントと合わせて

会計金額の3.2%のポイントが付与される形になりますので、かなりお得と言えます。

 

リクルートポイントはPontaポイントに交換可能ですので、ネット予約時にポイント利用も可能ですし、

ローソンなど町でのお買い物にも利用可能です。旅行サイトの「じゃらん」やネットショップの「ポンパレ」

でも使えるポイントなので、そちらのユーザーの方にもお勧めです。

 

またnanacoクレジットチャージにも対応しておりますので、

セブンイレブンユーザーの方にもお勧めです。

 

 

他のサイトでも色々と紹介されていると思いますが、

セブンイレブンのnanacoなら税金や社会保険料などの支払いが可能です。

店頭での支払いにはポイントが付きませんが、

クレジットカードでのチャージ時にポイントが付くので、

税金を払うだけで実質的に1%前後のポイントがゲット出来るわけです。

現金支払いや銀行引き落としだと何のポイントも付かないので、

nanaco支払いが最もお得と言えます。

 

ただしnanacoは全てのカードでチャージ出来るわけではありません。

非対応のクレジットカードもあるので注意が必要です。

 

お勧めは上記のリクルートカード以外では、「Yahoo!JAPANカード」、

「楽天カード」が還元率1%でお得となっておりますのでお勧めです。

 

ただしこちらの2種類のカードはJCBブランドだけがチャージの対象となっていますので注意が必要です。

またnanaco紐付け時に「J/Secure」の本人認証が必要になるので、そちらを忘れずに。

 

nanacoのチャージ上限は5万円なので、支払い金額が5万を超える場合には、

nanacoを複数枚持つのが便利です。nanaco1枚にクレジットカード1枚の紐付けが可能です。

 

 

 

 

 

1